スピードラーニングで!英会話が出来る自分を目指そう|Early Morning English
HOME>トピックス>スピードラーニングで!英会話が出来る自分を目指そう

聞く事で覚える英会話

英語教材の中でも人気が高いのがスピードラーニングです。一度はCMや広告で目にした事が多い事と思います。スピードラーニングは、聞くことで英会話を覚える事が出来る上、時間をかけて単語などを辞書で引くこともしなくていいという大きな利点があります。まずは音楽のように聞き流すだけで、どんどんと英会話が身についてくれます。また、音楽のように聞き流せる為、移動中などでも時間を無駄にする事無く英会話を学ぶ事が出来ます。耳にした英語が定着してくる頃には、自然と口から英語が出てくるはずですよ。

スピードラーニングの魅力

  • スタッフのサポートも丁寧
  • フリートークが出来る
  • 受講停止もいつでも申し込める

言葉は聞いて覚えるもの

アルファベット

日本の語学学習は、以前は読み書きや文法を覚える事に重点が置かれていましたが、社会のグローバル化がより進んで来た現在では、喋れる様にならなければいけない。と、会話重視の流れになって来ました。また、2020年に再び東京にオリンピックがやって来る事が決まった事もあって、一気に英会話教材として人気が高まっているのがスピードラーニングです。「あなたは聞き流すだけ」と云う、キャッチコピーと相まって普段の生活を普通に続けながら、英会話が習得できると云う気軽さにも惹かれて、きっとたくさんの方達がスピードラーニングによる英会話学習法を実践しているのだろうなと想像できます。言葉は本来、聞いて覚えるものなので、この学習方法は極めて当り前の事を形にしたと云う事が人気の要因かもしれません。

ホントに覚えられるのか

黒板

一方、ただ聞いているだけで本当に覚えられるのか、懐疑的に思われている方もきっと多いと思います。スピードラーニングのTVコマーシャルでは、一般の方が出て来て「いやあ驚きました」とか、「喋れるようになったんです」と、感激的なメッセージが紹介されていますが、どこかセリフを言わされているだけの様に見えて、無料CDを取り寄せたら無理やりにでも買わされてしまうのかも。と、感じてしまうかもしれません。

英語の後に日本語が流れて

English

では、どうして聞いているだけで覚える事ができるのでしょう。先ず日本人が英語を話そうとする時には、単語を直接訳そうとしてしまい、なかなか文章として話せないと云う現実があります。日本語で考えてしまっているからです。これに対してスピードラーニングでは、先ずネイティブな英語が流れた後に、それを訳した日本語が追い掛けて来ます。これを繰り返しているうちに、耳が英語に慣れて来て、結果、喋れる事になるのです。

広告募集中